pablo sikosia(パブロ・シコシア)

世界中のヒゲ愛好家やヒゲのモデルに絶大な人気を誇るイラストレーターパブロ・シコシア氏。

Instagram:https://www.instagram.com/pablosikosia/
HP:http://www.pablosikosia.com

INTERVIEW

バイオグラフィー:あなたがどんな人か、アート以外では何に夢中になっているかを伝えるショートストーリー。

私はパブロ・シコシア。髭を生やした男性の絵を描いています(タブレットペンを使用)。現在はアルゼンチンとチリの間に住んでいますが、生まれ育った場所はエクアドルです。
なぜ髭かというと、髭には象徴的な意味があるからです。ずっと昔から男らしさと結びつけて考えられており、生やす人の個性を表しています。

I am Pablo Sikosia and I draw (with my tablet pen) bearded men. I’m living between Argentina and Chile. I was born and lived my childhood in Ecuador.
I use the beard because has symbolic value. From along time ago it has been associated with masculinity and it reflects a personality of those who wear them.

ペンやブラシを取り、絵を描き始めたきっかけは?

小さい頃、ペンを持ち、紙の上で使うことを母に教えてもらいました。その時から、絵を描く手は止まらないです。壁(特にベッドの近く)や雑誌、マーブルノートなどにも絵を描きました。

When I was very small my mom taught me to take a pencil and use it on paper. From this moment I didn’t stop. I drew on the walls (specially near my bed), magazines, composition book, etc.

今日に至るまで絵を描き続けてきた原動力は?

それは、大きな満足感です。時が経ってもこのアートが存在し、また様々な国から毎日のようにフィードバックを頂くという満足感です。これが私のモチベーションですね。

It’s a tremendous satisfaction that this Art has lasted in the course of time and also receive it daily feedback from different countries. This is my motivation.

個人的な考えでいいので、「これをすれば成功するだろう」と思う事を1つ教えて下さい。

自分の大好きなこと、自分がやっていてとても楽しいことを常にやっていますね。私個人としては、すでに成功していると思います。

I have always been doing what I love and I’m very happy. For me, already I am having success.

作品を通じて届けたいテーマやメッセージはありますか?

髭があれば、どんな男性も同じ人間になると思います。私の描いた絵は、自分たちが思っているほど私たちは違う人間ではないということを教えてくれるのかもしれませんね。

I think that with beard all men are same person. Maybe, with this art, we learn that we all are not as different as we think.

GALLERY

関連記事一覧